スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

その瞳が秘めた覚悟を物語る (カイル)


「それじゃあ本当に、」

あなたは王子から離れてしまうのか、とカイルはぼんやり思った。
アメジストにきらめく瞳に宿るのは強固なる意思で、きっと王族にその目力は伝わってきたのだろう。
アルシュタート様と同じ様な威光に満ちたその姿はかつてとは異なっていて。
銀色の髪を掻きあげる仕草も以前と変わらぬはずなのにカイルにはどこか芝居じみて見えた。

「サイアリーズ様」

(貴方の行動は、きっと正しくて間違えている)

「きっと王子は、貴方の帰りを待っています」

届かぬと知りながら踵を返す後姿に祈った。


(その瞳が秘めた覚悟を物語る。カイル→サイアリーズ。)

スポンサーサイト

2006.05.31 | | Comments(3) | Trackback(0) | 幻水

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-06-06 水 06:42:51 | | # [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-07-20 金 14:40:09 | | # [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013-01-19 土 14:48:34 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Designed by nippori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。