スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

その瞳が秘めた覚悟を物語る (カイル)


「それじゃあ本当に、」

あなたは王子から離れてしまうのか、とカイルはぼんやり思った。
アメジストにきらめく瞳に宿るのは強固なる意思で、きっと王族にその目力は伝わってきたのだろう。
アルシュタート様と同じ様な威光に満ちたその姿はかつてとは異なっていて。
銀色の髪を掻きあげる仕草も以前と変わらぬはずなのにカイルにはどこか芝居じみて見えた。

「サイアリーズ様」

(貴方の行動は、きっと正しくて間違えている)

「きっと王子は、貴方の帰りを待っています」

届かぬと知りながら踵を返す後姿に祈った。


(その瞳が秘めた覚悟を物語る。カイル→サイアリーズ。)

スポンサーサイト

2006.05.31 | | Comments(3) | Trackback(0) | 幻水

もう涙は出ない (キリルと誰か)


あの頃の僕は酷く弱くて馬鹿みたいに人間染みていた。うしなった苦しみ取り戻せない怖さ、なくした痛みが辛くて、泣いて泣き続けた。この上ないくらい泣き叫んでやがて涙は枯れ果てた。だからもう涙は流れない。悲しいも苦しいも感じない。感じられない。僕は。


「かなしいなら泣けばいい。悔しいなら声を張り上げて。感情を隠すことは誇れることじゃない。人間らしさをみせつけてやればいい。君には、」

(僕の頭を撫でる手は変わらず優しく、熱かった。)

「まだ流れる涙があるのだから」

顔をあげると疲れたような微笑みをうかべながら黒髪の青年は変わらず頭を撫でてくれている。
何故かその笑みに惹かれた。
人間の仕草と呼ぶのはそぐわない。ふさわしくない彼の細められた、渇いた瞳に魅せられた。



2006.05.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 幻水

宙 (ロイと王子)


「宇宙ってさ、」
「宇宙?」

「そう、宇宙。この世界、大陸とかはひとつの星で、そらの彼方にはたくさんの星があって、全部ひっくるめて宇宙って呼ぶらしいんだ。誰が言ってたかは忘れたけど。もしかしたら本に書いてあったのかも。とにかく、曖昧だけどそう呼ぶらしい。宇宙は真っ黒で、星達はその中で、きらきらと輝いている。その何万何億それ以上の輝きの、たったひとつの星に僕達の暮らす、ファレナだとか…群島諸国だとか北のハルモニアや赤月帝国だとか、全部ひっくるめた、世界と称されるものがあって。世界には海や森、山や河といった自然があって、その中に国があって町や村があって、数えきれない数の生き物が存在して、何かをしている」
「壮大だな。途方もない話だ」
「そう、途方もない話だよ。それを考えたら自分が凄くちっぽけに見えてきて、ここで何かをしてもなにもかわらないんじゃないか、とか。宇宙から見たら僕達にとってこんなに大きな影響を及ぼすこの争いすら塵の如きものなんだ、とか。ならば、こんな小さな存在の僕達に何ができるんだろう、とか。つい、弱気になる」
「………」
「?」
「あのなぁ、それは弱気じゃなくて卑屈ってんだ」
「ひくつ?」
「そう。俺はうまく言えないけど、生きている以上きっとすべてのものに意味があると思うぜ。大きい、小さいは別として。ひとつが周りに与える影響力って、結構馬鹿にできないんだよ。過去であれ未来であれ今であれ、極端な話、こうやって俺とお前が話をしていることだって、そうだろ?」
「…うん。そうだね」

うじうじすんなよ、ロイは呆れたように僕を見る。いつも通り金色の目を細めて笑うその姿は僕と似て非なるものだった。


「じゃあ僕は少しでも、多くの影響を与えられるひとになりたい」


富とか名誉とかそんなものいらないから。

ぽそり、呟いた言葉がロイに届いたかどうかはわからないけれど、きっと気持ちは伝わってた。



(幻水5。微妙に修正。王子とロイ君。途方もないはなし)

2006.05.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 幻水

白 (ロイとリオン)


部屋に入ってきた俺と、入れ替わりで怪我人の手当ての為に出ていったシルヴァ先生。それを見てリオンは辛うじて温もりを宿している紺色の双眸をドアの方、俺に向けた。
白すぎる血色の無い手がこちらに伸びて、俺は近寄ってそれをおずおずと掴んだ。
リオンの手は想像していたよりもずっと冷たくて、思わずはなしそうになったけれどはなしたらもう二度と掴めなくなるんじゃないかと怖くなって少し力をこめて握る。

「ロイ、君」

どんなに弱っていても一目でいつものように変装を見抜くリオン。
その行動に、やっぱりこいつは王子の護衛役なんだと、心底あいつのために生きているんだと実感する。

「そんな顔、しなくていいです」
「あぁ」

手を離し、リオンの白い手は俺の頬に触れる。

「大丈夫、ですから」

情けない顔をしているつもりは無かった。それでもリオンは簡単に暴いてしまう。

「もうすぐあいつ、帰ってくるだろうからさ」
「えぇ」

それまでゆっくり休んでろ。
大丈夫なんだろ、と笑いかけた俺に頷きながら、リオンはまた混濁の波に落ちて行く。



(幻水5。ロイ→リオン。つれていかないで、と必死に祈った。)

2006.05.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 幻水

壊れて (ピオニーとディスト)

「今更、何をいうのかと思えば」

疲れきったような曖昧な嘲笑をディストは浮かべる。
誰に向けてでもない、ディスト自身に向けた壊れた感情に、ピオニーは内心舌打ちをした。

「あのころになどもどれない」
「サフィール」
「私たちが追いかけていたものは幻想で、何をしてももうネビリム先生は帰ってこない」
「サフィール!」

叫ぶように台詞を止めるピオニーに視線を向けたディストは嘲笑を浮かべたまま続ける。

「戻れない!いくら貴方が帝王とて所詮は人の子!時間を操る術など持たないだろう!持たない以上、貴方は一生私の願いを叶えられない!」

狂ったように、否。きっともう狂っている彼は何度も何度も同じことを繰り返し過去にすがる。
大人になることを拒むこどものように純粋で一途なその願い。

だけど、そんなのは叶えられない。
自分にも、他の誰にも。

「サフィール」

ピオニーが掴んだディストの腕は氷のように冷たくて、血など一滴も通っていないみたいに白かった。
あの思い出の埋められた冷たい白のごとく。

そして何もうつさない、現実を見つめようとしない紫の瞳が一瞬、憎悪をむき出しにする。
なにかを口にする前に強い力ではね除けられた。



(TOA。陛下と死神。こわれているのは世界かそれとも自分の方か)

2006.05.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | TOA

白に埋まる (ピオニーとジェイド)


懐かしい声がきこえた気がして、うっすらと目をあけた。


防寒服に身を包んだ幼馴染みが馬鹿にするような目でこちらを見下ろしていた。

「…ピオニー陛下。こんなところで眠ってはいくら貴方でも凍死しますよ。国を治める王が雪だるまと共に埋もれるなど嘆かわしい」

どうやら雪布団の上で眠っていたらしい。
びっしょり濡れたピオニーはさすがに眉をしかめた。
溶けた雪が染み込んだ服は確実にピオニーの体温を奪っている。
「風邪をひくのは覚悟しないと(きっと一般人ならこの時点で生命が危うい)」とピオニーを引き起こすジェイドの息は白く、このケテルブルクの空気にとけていく。

「…ジェイド」
「まだ寝ぼけているんですか?というか何故貴方がここに?」
「あぁ、ネフリーに会いに来た」
「…ネフリーなら留守ですよ」
「みたいだな」

ケテルブルク知事宅は薄暗く人の気配はない。
(留守を任せるはずだった女中も用事が出来てしまい家はニ日だけ空っぽになるとネフリーが言っていた。もっともそれを知るのはジェイドのみだが。)

「タイミング悪いですねぇ」
「…だな」
「で、陛下。どうやってここへ?」
「ん?それは秘密」
「…まぁいいでしょう」

聞いても今更ですし、貴方なら何をしていても驚きませんとジェイドは苦々しく溜め息をつく。その中に僅かだが愉しさが潜んでいるのを感じ取ってピオニーは笑った。

「あ~、折角ここまで来たんだし。スパにでも行くかねぇ」

体を暖めないと不味い。生死に関わると本能的に察知したのかピオニーは体を動かして、伸びをする。
頭に積もった雪が落ち、溶けたそれは水滴となって髪を伝い落ちた。



(TOA。大佐と陛下。前半部分がどっかにいってしまったもの。ケテルブルク好き。)

2006.05.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | TOA

目 (王子とミアキス)

「王子の目って独特ですよねぇ」

ミアキスはリムが眠って暇になったのか、起こさないように注意しながら王子の方を向いた。
窓から城下を眺めていた王子はミアキスの声にはっとしたように部屋の中に視線を移した。
どうやら意識ここにあらずだったらしい。
外にそんなに面白いものでもあったのかとミアキスは思ったがリムスレーアが膝の上に乗っているので残念ながら確認する術はない。

「えと、なんだって?」
「いえ、そんなに重要な話じゃないんで改まって聞く必要もないと思いますよ?ただ王子の目が綺麗ですね~、って話をこの間姫様としていたんですぅ」
「目?」
「えぇ。姫様はフェリド様譲りの綺麗な栗色でしょう。王子は女王陛下の色なのかなぁと思ったんですけど、ちょっと違う感じがするんですよね」
「へぇ」
「空と大河、そんな色だと思いますよぉ」

きれいです。
リムスレーアの髪を指で梳きながらミアキスは言った。


(私的に4主の目の色は海の色で王子の目の色は空の色)

2006.05.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 幻水

ありがとうをいわせて (ロイ→リオン)


「なぁリオン、俺はお前の『かわりのないもの』になれた?」

一番になりたいなんて贅沢なことは思わなかった。
俺が一番を望むということはリオンの定義を覆すということで。つまり王子が一番だというリオンの存在理由を頭ごなしに否定することになりかねない。
だから、せめて

朦朧としてきた意識の中、まどろみに逆らってロイは考える。
青すぎる空の、降り注ぐ太陽の光が優しく自分を貫いた。眩しさに、ただでさえ血の足りなくなっている身体はたえられそうにない。

(かわりじゃなくて、俺を覚えていてくれるように願わせて。それが叶うならほかに何も望まない、望めないから)


「俺はお前のかわりに死ぬんじゃない。ましてやお前を庇って俺がこうなっているのだと考えるならそれは思い上がり以外の何物でもない」

離れたところにいるであろうシエルに届かないことを知りながら呟く。

(リオン。お前が好きだよ。だから俺は自己満足のために死ぬんだ)


こんな考え方が出来るようになる日がくるなんて、かつて路地で生き繋いでいたあの惨めな生活からは想像も出来なかった。
短い一生でも意味を持って、自分で選べた。お前は俺に生きる意味を教えてくれた。だからさいごに、



ありがとうをいわせて


(幻水5。ロイ→リオン。篭城ルート。タイトルはあなたにおくる20の言葉より。)

2006.05.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 幻水

託 (ユーラム)

「託されてくれますか?」

止め処なく溢れる血。
誰の目から見ても最期が近いことを決定付けるそれにユーラムは拳を握ることで表情に出すことを耐えた。
ユーラムの震えに気付いた兵士は「大丈夫ですよ」と掠れた声で告げる。
これから死に逝く者に心配をかけさすまいとユーラムは「私のことはいい。何を託されよう?」とあまり残された時間が長くないその兵士に口早に尋ねた。
その言葉に兵士は目を見張り「やはり貴方は変わられた」と何かを握った手を持ち上げる。
受け取ったそれは鈍く光るペンダントだった。
血に濡れたそれは青い石がついていてタリスマンの一種だろうと推測する。

「レインウォールの、紋章屋の娘に・・・」
「わかった」

同時に男から力が抜け、逝ったのだということを直感で察する。
ここは戦場で、戦がある以上ひとは死ぬ。
わかってはいるけれど、やるせなさが支配する。
特に劣勢な場合の、医療現場なんて悲惨としか言いようがない。
今も患者が床に入りきらないくらいに溢れている。

「ユーラム殿・・・」

遠慮がちに声をかけてきたボズにユーラムは肯いてその場を離れる。
この先は自分の範囲外。専門家に任せるしかない。
自分にできる最善のことを。自身に言い聞かせるようにユーラムは呟いた。



(一文字漢字題の97『託』。幻水5。ユーラム君。受けついだものの重さ)

2006.05.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 幻水

sss(4)


発掘したネタ未満の短文集。
リボーンとかTOSとか。


【“sss(4)”の続きを読む】

2006.05.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | sss

strive against fate (4主とテッド)


「運命に逆らったって無駄だ」

疲れ果てた顔をした少年は自分自身にいいきかせるみたいにぽつり、と呟いた。
その少年の右手に自分の左手を重ねる。
死神と罰は憐れむような慈しみ守るような波長で僅かにゆれる。

「いや、戦ってみるさ。最後まで諦めずに、」

左手の痛みを感じながらチハヤはわらう。

だってそうだろ?

「運命、なんて言葉に翻弄されるくらいなら、自分で道を切り開くよ」

少なくとも僕は。
だから神様なんて要らない。

にっこりと、チハヤは狂気染みた光を瞳に宿して微笑んだ。

(この戦いが終わったら、きっとこの目も見られなくなると、そう思った。)

2006.05.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 幻水

«  | HOME |  »

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Designed by nippori
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。